アメプレス Amepress 株式会社アイピリカ 松原康利 自動連動 ワードプレス アメブロ フェイスブック ミラーサイト問題 集客ツール レビュー

アメプレス

アメプレス Amepress 株式会社アイピリカ 松原康利 販売情報他

 

販売会社

株式会社アイピリカ

販売責任者

松原康利

販売HP

http://amepress.net/

販売ASP

インフォトップ

情報商材価格

初回 5,980円(ライセンス発行料:3,000円 月額利用料:2,980円)

2か月目以降 月額利用料2,980円

 

アメプレス Amepress 株式会社アイピリカ 松原康利 自動連動 ワードプレス アメブロ フェイスブック ミラーサイト問題 集客ツール レビュー

 

あーちです、こんにちは!

 

新卒の皆さんもそろそろ会社に慣れ始めた頃でしょうか。

昔、就職した時、異常に緊張した記憶があります。

 

いつも昔のような初心を忘れず、

初々しくいたいもんですね!笑

20141018のんびり

それでは本題に参りましょうか!

本日ご紹介の情報商材はコチラ!

 

  「アメプレス Amepress」

です。

 

セールスレターはコチラ! ↓

http://amepress.net/

 

今日はSNS連動型の集客ツールですね!

 

前評判も結構いいので、期待出来そうです。

 

アメブロなど、もともと集客しやすいブログサイトと、

SNS超大手のフェイスブックが1記事で全て

更新出来るという超スグレモノです。

 

弱点などはあるのでしょうか。

アメプレス 2

上記の中で当てはまるものはあるか。ということですが。。。

大体当てはまるんじゃないでしょうか。笑

 

昨今、アメブロもフェイスブックも、規約がどんどん厳しく

なっているので、アカウント停止処分は日常に起こりうる

現象になっています。

 

ひとつのブログをひたすら更新していくパワーブログは

相当な威力を誇りますが、そこに付加価値を付ける

サテライトに注力した商材です。

アメプレス 5

『フェイスブック』⇒『ワードプレス』

『ワードプレス』⇒『アメブロ』

 

と、連動しているため、フェイスブックの更新をすると、

自動的に3つの記事が出来上がるという仕組みです。

 

各々、違う層のユーザーがいる為、

多少は被ってしまったとしても、それ以上に多くの

集客が期待出来るため、メインブログへの誘導や、

アフィリサイトへの誘導が可能となりますね。

 

ただ、同一記事となるとコピペ判定をくらって

Googleなどに検索圏外へと吹っ飛ばされてしまわないか。

 

という懸念もありますが、こちらはアメプレスの

機能で全く違うソースが生成されている為、

同一記事の判定を受けずに済むようです。

アメプレス 4

考えることは皆、同じですね。

 

販売者側もしっかりその辺は対策してきていますし、

アカウントの停止をくらっても、一瞬で復旧出来るという

機能もかなり強力です。

 

実際、ワードプレスのサイトも更新していけば、

かなり強力なサイトになりますので、

底上げとしては相当期待出来るかと思います。

 

ただ、画像の連動などちょっと変わった動きまでは

得意ではないので、この点においても、

メインブログ向けの機能ではなさそうです。

 

とにかく狙うのはアメブロやフェイスブックの

抱える大量の客層ですね。

 

珍しいですが、優良ツールと見ていいと思います。

 

ほんといつまでも騙されないように、

自分の身は自分で守りましょう!



現役企業家による無料講座『あーち塾』 成功者輩出中!


今よりも月に5万円収入が増えたらどうしましょうか!


パソコン1台で誰もが成功するチャンスがあります。



老後の心配大事な人の為の貯蓄

将来、起業や開業を考えているなら尚更、

別収入が あって困ることは絶対にありません!
20141028メンターシッププログラム4
現役で二つの会社を運営する『あーち』が送る、

アフィリエイト成功者輩出プログラム


『あーち塾』にご参加ください!


もちろん無料でご案内いたします!!

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

『ご案内はコチラから!!』


タグ


2014年4月24日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:優良ツール

このページの先頭へ